簡素化された発行手続き

近頃はテレビCMでもよくクレジットカードの宣伝がされています。
「今なら〇〇ポイントプレゼント!」みたいなCMを見たことがきっとあるでしょう。
それでクレジットカードを持つことが普通になってきて、老若男女を問わず多くの人がカードを利用しています。
カードのメリットは財布にお金が入っていなくても買い物ができるということですが、それは大きな買い物だけではなく、ちょっとした買い物や公共料金の支払いなどでも使われています。
ファミレスやコンビニ、タクシーなどでも使えるので、もはや現金を持ち歩かなくてもよい時代になっているのかもしれません。
しかもカードを使えば使っただけポイントが貯まり、金券や商品などに交換してもらうこともできるので上手に使えば多くの恩恵を受けることができます。

カードを持ちたいと思った場合、今はスマホでネット上から申し込むことができるのでとても便利で簡単です。
今までのようにいちいち書類を取り寄せて記入し発送するという手間がなく、ものの数分で手続きが完了してしまうこともあります。
通常カードの発行には本人確認書類が必要になります。
運転免許証や健康保険証・パスポートなどがそれにあたりますが、以前はそれらのコピーを郵送する必要がありました。
しかし最近ではスマホで写真を撮影してアップロードするだけで良かったり、カードを受け取る際に宅配業者に本人確認書類を見せるだけで良かったりするのでスピーディーにカードが受け取れます。
審査も過去にブラックリストに載っているとか全く収入がなく保証人もいないなど特別な場合を除き、かなりの確率で通ることが多いようです。
手軽にカードも持てるようになっているので、まだカードを持っていない人は特典などの要素を考慮しつつ、一つ作ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする