現金よりもお得?!

カード決済で買い物をした場合商品はすぐに手に入りますが、支払いは後日になります。

つまり一種の借金と同じです。

通常借金をするときは利用者が利息を払うものですが、カード決済の場合はそうではありません。

利用者ではなくお店側、つまりカードの加盟店がクレジットカード会社に手数料を支払う仕組みになっています。

クレジットカード利用時に発生するその手数料は、カード発行元とカードブランドにも入るようになっています。

つまり、人がクレジットカードで買い物をすればするほど、カード会社にもお金が入ってくるのです。

そのためカード会社は、より多くの人にクレジットカードで買い物をしてもらうためポイントサービスなど何かしらの特典をつけています。

私たちが意識をしていなくても自動的にポイントが貯まります。

クレジットカード会社側がまとめて管理してくれていますので、手間いらずでお得に使えます。

貯まったポイントは支払いに充当できたり、景品などと交換できるためかなりお得になります。

この加盟店が支払う手数料は、カード発行元と利用店舗が違う場合には手数料を多く支払う必要があるようです。

そのため家電量販店などでは現金での決済に比べて他社発行のカードを利用した場合、店舗のポイントの加算割合を減らして対応しているところもあります。

他社ブランドのクレジットカードで決済をしないように、自社ブランドのクレジットカードで決済をした人を優遇するシステムが多くみられます。

上手にクレジットカードを使うには、よく使う店舗が発行するカードを利用するといいでしょう。

新しくカードを作る際には、ポイントなどのサービス内容を確認して、自分がよく買い物をするところの中からカードを選択するのが一番お得になります。

現金で支払うよりもかなりお得なサービスや現金での還元を受けることもできるので、ライフスタイルに合ったカードを作りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする