カードに付帯の海外旅行保険

最近では長期の休みを利用して海外へ出かける人が少なくありません。

韓国や台湾、香港辺りでは週末の休みを利用して出かける人も多いようです。

このように海外旅行を楽しむ人は、海外旅行保険に加入しておく必要があります。

クレジットカードによっては、サービスの中にあらかじめ海外旅行保険か含まれているものがあります。

万が一、外国での旅行先で病気になってしまったり怪我をしてしまったりした場合には、日本とまったく同じように気軽に病院に行って治療してもらうというわけにはいかないので注意が必要です。

外国での治療費や薬代には、日本の健康保険は使えません。

もし海外の病院で診察・治療をしてもらう場合、治療費はすべて自分で支払わなければなりません。

治療費は全額負担になるため、病気の具合や怪我の程度によっては、思わぬ高額な医療費を請求されてしまうことも珍しくはありません。

また、海外に旅行に出かけた時、例えば子供が走り回って施設やホテルの備品を壊してしまったりすると、その損害賠償金を求められたりします。

体調を崩す、物を壊す、盗難に遭うなどの予期せぬ事態にあってしまった時に、海外旅行保険に入っておくと役立ちます。

特にゴールドカードなどの有料のクレジットカードには、海外旅行保険が自動的に付帯している場合が多く、もしものときに備えることができます。

海外旅行保険はネットや空港で加入することも可能ですが、もしもクレジットカードに保険が付帯されているのであれば、新たに保険料を払うこともなく、その補償内容次第ではそれだけで十分ということになります。

もちろん海外旅行保険の内容は一律ではなくカード会社ごとにサービスも違いますし、どの国にいくかによってもっと内容を充実させておきたいということもあるでしょう。

そういう時には、必要な差分だけを追加して保険に入っておきます。

海外旅行に出かける前には、事前にお持ちのクレジットカードの海外旅行保険の内容を確認しておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする