カード払いのメリット・デメリット

今はコンビニやファミレス、スーパーでもカード決済ができますし、タクシーさえもカードが使える時代です。

それで当然のようにカード決済でを買いものをすることはよくあることです。

クレジットカードはおそらく誰もが1枚は所有しており、中には何枚ものクレジットカードを持って使い分けている人も決して珍しくはありません。

また、ネット通販では、カード決済でなければ買い物ができない場合もありますので、もはや生活を送る上でなくてはならない存在と言っても過言ではありません。

確かに現金を持たずにすむクレジットカード決済は大変便利なものですが、そこにはメリットだけでなくデメリットもあることをよく理解しておく必要があるでしょう。

クレジットカード決済にした場合のメリットには、特にインターネット通販では銀行振込みなどの場合にかかる手数料がかからないという点があります。

またたまたま現金の持ち合わせがない時でも、クレジットカードを使うことですぐに商品を手に入れることができます。。

一万円札を財布に何枚も入れていると、なくしたり、盗まれたりという危険性がありますが、クレジットカードなら多くの場合保険が付いているので安心です。

クレジットカード決済で一括払いにした場合には、手数料がかからないこともメリットの一つと言えるでしょう。

クレジットカードの大きな利点として、実際の支払いは翌月以降になりますので、給料日前などその時現金を持っていなくても、必要なものが買えます。

一方、デメリットには、ついつい余分な買い物をしがちという点があげられるでしょう。

たまたま店頭で見かけた、欲しいけど不必要なものをカードで買ってしまって後で後悔したり、ネット通販で余分なものばかり買ってしまうこともあるかもしれません。

しかし最も大きなデメリットは、もし支払いで延滞した場合に自分の信用情報に傷がつくことでしょう。

悪気はなくたまたま口座に残高がなかったなどの事情だったとしても、返済の延滞をしてしまうと、自分の信用情報にその延滞の記録がしっかりと残り、それ以降の住宅ローン、自動車ローンなどのローン審査に通らなくなることがあります。

日々の買い物にクレジットカードがあるととても重宝しますが、返済を忘れたり残高不足になって、支払いを滞らせないように十分注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする